FC2ブログ

組織の経験

私はいま
小さな株式会社の代表取締役です
正規社員は私一人です

こんな私もかつては
一流企業と言えるかどうかそこの
評価は分かれるかもしれませんが
グループ売上高4兆円
2万人を超える社員をかかえる
間違いなく大企業の一員でした

目の高さほどのパーテーションの
向こうで働く者の名前も知らない
顔すら覚えようとも思わない

日々自分の周りで起こる出来事に
右往左往し、頭の中はその世界で
埋め尽くされ、いつもおおごとを
抱えているような気分でした

膨大な組織に怯えていました

そのくせ
仕事が分かっているようなフリをし
サラリーマンを代表するかのように
その悲哀を背に漂わせてもいました

一つのことを実行するのに
いくつもの印鑑が必要だし、
お伺いをたてる必要がありました
なにしろ面倒で時間がかかる

いまはなんでも自分で決められます
逆に言えばなんでも一人で決めなけ
ればならないのですが、

いまだに
当時の癖は抜けていないようで
一度たてた計画やアイデアは何度も
反芻しなければ実行に移せません
自分の中にいくつかの組織をもって
いるようです

上司に稟議を上げるように、或いは
経理に予算の確認をとるように…
自分の頭の中だけで組織を通過させ
その中で計画がよりよいものへと
醸成されていく

怯えながら過ごした組織の経験も
まんざら無駄ではなかったようです
むしろありがたく思っていますし
会社にはいまも感謝しています

いまやスタートアップ全盛
いろんな形のスタートがあっていい
と思いますが、組織(少なくとも
数百人規模の)を経験してからの
スタートも決して回り道ではないし
きっと将来の糧になるのではないか
と思っています

2019/02/02(土) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

4,000名の大きさ

フェイスブックや
館内掲示にて既報ではありますが

2018年の大晦日
ノマドクロス-天神の会員数は
4,000名様に到達いたしました

この数字を
何に比較して量ればよいのか…
その対象がないだけに、ある意味
一つの節目としか言いようがない
のですがー

私にとっては想像のつかなかった
数字(人数)であることは間違い
ありません 

開業に際して
経営が上手くいくであろう確信や
この事業に関わる経験則などは
まったくありませんでした

そういう意味では
100で終わっても
1,000で終わってもなんの
不思議もなかったわけです
不安いっぱいの開業でした

それに引きかえ沢田研二さんは
9,000のキャパに7,000
しか集まらずにドタキャンした
そうなので、そこはやっぱり
昭和の大スターは度胸が違います

まあ私も、絶対に失敗はさせない
という意地みたいなものは持って
いましたけど さすがに…

来月でノマドクロス-天神は
開業7周年を迎えます
4,000名の皆さまに支えられ
開業以来すべての年で過去最高の
売上高を更新しています

どんだけ低空飛行からのスタート
やったん!と突っ込まれそうですが
そのとおりなのでお返しする言葉も
ありません

8年目に入るノマドクロス-天神
いまでも福岡でオンリーワンの
環境であるという思いに変わりは
ありません

今後とも永いおつきあいを
何卒よろしくお願いいたします

2019/01/16(水) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

新しい元号の年に

平成から新元号への年

昭和生まれは2つ
平成生まれも1つ元号前の世代と
順送りされる年でもあります

昭和生まれにとっての2つ前は
明治時代、初期にはまだ刀を腰に
携えていた時代

平成生まれにとっての1つ前
昭和の初めは日本は戦争をする国
だったわけで、文化や技術的な
移り変わりとは別に国制が大きく
変わった時代でした

その意味で平成は大きな災害や
デフレ経済に陥ったりしたものの
国のあり方としては平らな時代で
あったと言えるかもしれません

隣国との関係が憂慮される事態が
起きています

どんなことが起きても日本は
世界一冷静で世界一平和を嘱望する
国であり続けたいものです

2019/01/07(月) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

物との出会い

いま毎日の生活の中で
一番ながい時間を過ごしているのが
このカウンターチェアだと思います

カウンターチェア2 

7年前、
ここノマドクロスを作るにあたり
利用者の方が使用する施設はすべて
(コピー機をのぞき)新品でしたが
自分たちが使う事務所内部のものや
カウンターの内側のものはほぼ全部
中古品で揃えました

中古だから
そうそうイメージぴったりのもには
巡り合えないだろうと思って行った
ユーズドの事務用品店で出会ったのが
これです

その時、その店にはこのタイプの
カウンターチェアはなにしろこれ一つ

色は白以外に選択肢はなく
背もたれの木目は館内施設の椅子や
テーブルと一致していました

もちろん即決で買って、それ以来
この椅子とは7年間
とても長い時間を共有しています

一日に数人のご利用しかなかった頃も
多くの席が埋まるようになった今も
私の一喜一憂をいつも間近で
まさしく身も、そして心も
支えてくれているように思います

ひとつまえの記事、小学生以来使う
ギターほどではありませんが
いまとても大切なパートナーです

人と同じように物にも
奇跡と感じるような出会いがある
ものです

2018/12/18(火) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

今の延長線上にある目標

小学生のころ親に買ってもらった
クラシックギターを今も使っています
クラシックなクラシックギターです

家にギターと名の付くものが7本
その中で現役で使っているのはせいぜい
2本+ときどきあと1本くらいなもので

決して名のあるものではないけれど
いまや自分にとっては人生のパートナー
のような存在です

こんなふうに書くとよほど上手そうに
思われるでしょうが、なにしろ一度も
人から教えてもらったことがなく
楽譜も読めません

TAB譜がたよりで
TAB譜が手に入らないものは、音符や
人が弾くYouTubeの映像をTAB譜に
おとしたりしています

今年も残りわずか
皆さんそろそろ来年の目標だったり
越えるべき課題を見据えているころ
ではないでしょうか

私などはもうなかなか「0」から始める
目標はさすがにしんどいので近ごろは
今の延長線上にある目標をたてるように
しています

その中に
この1年で、このギターで新たな一曲が
弾けるようにと毎年思っています
では、まずは曲選びから!

「それもいいけど仕事も頑張れよ!」と
どこからか聞こえたような…

はい、はい

2018/12/17(月) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »