FC2ブログ

ノマドクロス-天神に行きましょう!

5月に
プロフィットセンターである
ノマドクロス-天神とは別の場所に
事務所を置きました

徒歩5~6分の距離で、途中に
大型スーパーもあって行き帰りには
必要な買い物もできてとても利便性
の高い立地にあります

当初、ノマドクロスの
レセプションの奥にあるスペースを
バックルーム兼事務所として設計を
していました

しかし現場実務と
何かに集中したい時の場所の併用は
無理がありました

その後はミーティングルームの
ご予約が入っていない時間帯を利用
していたのですがお陰さまで最近は
おおくのご利用をいただけるように
なってなかなか使うことができなく
なってきました

という経緯があって設けた事務所

まあ、これが快適なこと!
好きな音楽を流しながらコーヒーも
飲みつつソファに座る
そりゃ眠くもなるわ!
気づくと1時間経過・・・いかん
と、こんなことがあってふと考えた

家では集中できない
自分の好きなものがたくさんある
スペースでは誘惑が多い
だから街に出て人の目を意識しつつ
快適な空間と、適度な緊張感の中で
仕事、勉強ができる場所

これがノマドクロスのコンセプト
自分が一番わかっているはずなのに

あらためて
ノマドクロスの存在の意義を
自らの行為によって認識した次第

みなさん!集中したいときは
ノマドクロス-天神に行きましょう!
これが正解


2018/11/06(火) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

いつもの飲み会

数年ごと
学生時代の友人たちと
その4年間を過ごした京都で
会っています

人に話すと「同窓会?」と
よく聞かれますが、私はその度
何年かぶりの「いつもの飲み会」
と答えます

会えば当時とまったく同じように
酒を飲んで、喋って、笑います
だから「飲み会」です

メンバー間の立ち位置やキャラも
何も変わりません 今の社会的な
立場などを背に話す奴もいません
だから続いていると思います

さて、その飲み会
今回からはメンバーが持ち回りで
その地元でやることになって
初回は富山県氷見市

台風の接近に備え飛行機をとりやめ
早めの新幹線で福岡を出発
京都乗り換えでサンダーバードに
乗って正午には金沢駅到着

北海道、関東、中部、関西、四国
この頃からメンバーが北陸に集まる
様子がLINEで次々に入ってきます

私は
途中下車で金沢21世紀美術館へ
3連休の初日、どこもすごい人で
美術館もチケットを買う長蛇

有名なスイミング・プールという作品

雲が…
プール雲2 

人が…
プール人 
こんな幻想的に見えます

その後、
新富岡駅で友人の車と待ち合わせ…
立山
海岸線を走り、富山湾からの立山連峰を見ながら

 あさひやサイズ変更
海沿いのこんな素敵な宿にたどり着きました
13人が集まって北陸の美味い魚と酒を嗜み
深夜まで昔と同じように話を愉しむ…
台風は飲んでるうちに通り過ぎたようです
 
五箇山4 
翌日、世界遺産の五箇山へ
人の多い白川郷とはまた違う趣

そして午後
別れを惜しみつつ帰路に向けて
メンバーがだんだん減っていきます

最後は一人
日が暮れるのを遠ざけるように
西に走る電車を乗り継いで博多駅に
戻ってきました

こんなメンバーに巡り合えた
奇跡と幸せに感謝しながらの2日間
こんなことがあってこそ仕事もできる

次もみんな元気でな!
またいつものように飲もう!

2018/10/18(木) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

年齢とともに変化する、健康診断の帰りに思うこと

先日2年間さぼっていた健康診断に
行ってきた

1ヶ月以上先の予約を入れるという
条件がなかなか億劫でついつい先延
ばしをしてきた

一方
昭和の名優や一世を風靡した
歌手などの相次ぐ訃報に接すると
他人事ではない 健康診断行かなきゃ
と常々思ってはいる

そしてやっと迎えた3年ぶりの当日

会社員のころは事業所に診断車が
やってきて流れ作業的に検査項目を
済ませ、結果は基本なにもないこと
を前提としている自分がいた

ところが最近は
なにごともありませんようにと願う
自分がいる

こんな小さな事業でも世の中の人に
迷惑をかけちゃいかん、と思えば
それを全うするにはまず健康が
担保がされていなければならない

小さくて、組織がないからこそ
大事なことかもしれない

また来年、銀杏の実が落ちるころ
元気に健康診断を受診できることを
願いつつ会社への帰路についた

2018/09/24(月) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

エアコンが止まって

先週、ここノマドクロス館内の
エアコンが故障し3日間にわたり
ご利用の方々に大変なご迷惑を
おかけしました

全館で6基ある内の
同一系統に繋がっている2基が
動かなくなりました

スタッフが急きょ
自分の家から持ってきてくれた
1台を含め、計3台の扇風機と
サーキュレーターでの対応を
余儀なくされました

猛暑に発生したエアコンの故障

時を同じくして、不幸にも
岐阜の病院で高齢の方が相次ぎ
熱中症が疑われる状況で亡くなった
との報道があったばかりでした

そんな事態の中、
ご利用者の皆様からはただの一度も
お叱りの言葉をいただくこともなく
皆様の優しいお気持ち、ご辛抱には
大変恐縮する思いでした

さて
猛暑の真っただ中この復旧の仕事に
関わる方々は、さぞ忙しいだろうと
察しはつくものの、それを割引いた
としても復旧するまでの3日間の内
2日間は人災とも言える状況でした
(+_+) 

最低でもあと1日は早く動かすこと
ができていたと思います

いくつかの段階を複数の会社を経由
する中、進捗管理、連絡、連携が
まったく機能してなくてイライラが
募るばかりでした

パスを投げたら終わり

う~ん、自分が会社員だったころ
こんなだったかな~??
みんながもっと責任と誇りをもって
働いていたような気がする…
でも記憶はなんでも美化してしまう
ので勘違いかもしれませんけど(^-^;

暑い環境にもかかわらず
利用してくださった皆様
改めてお詫び申し上げます

ありがとうございました!

2018/09/05(水) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

もうやめたほうがいい

物事には
「適度」というものがあるはずで
それを超えると「度が過ぎる」ことに
なって問題が起きる

しかし、この「度」がどの辺に存在
するかが非常にあやしいし、曖昧だ
人によってもその位置は様々にある

いまその報道は沈静化しつつあるが
最近では新監督が就任したことや
リーグ戦への参加許可が見送られた
ことなどの続報が流されている

「悪質タックル」問題

マスコミは当該選手の会見は、単身
謝罪と経緯説明を真摯に、且つ
然るべきタイミングで行ったことを
こぞって評価した

やったことは悪いが
一定の責任を果たした、と

ところが民放TVの報道では
この関連の情報を扱う際いまだに
そのタックルの映像を流す

しかも数秒のシーンを
何度も何度も繰り返し流す

そんな必要があるだろうか、と
単純に思う いまの生活になって
あまりTVをみる時間のない私も
100回は見てるような気がする

この映像をみて
心を痛めない人がいるだろうかと
思う この映像を見せることに
どんな意味があるのだろう
当事者であればなおさらのこと

事実の検証として、ことが起きた
当初、みてみたいと思う欲求は
確かに私にもあった

ただあの会見以降
いま処分が下されているように
その根本的な要因は指導者側に
あったと検証されているのであって
ならば選手の行った行為を
繰り返しみせる必要はないと思う

報道する側の中にこんな意見は
微塵もないのだろうか
「衝撃映像」を見せ続けることが
自分たちの使命とでも思って
いるんだろうか

みて楽しい映像ならまだしも…
これはいくらなんでも
度が過ぎている

もうやめたほうがいい

2018/08/06(月) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »