FC2ブログ

「新式」と「旧式」

先日、分散登校が始まった小学校の様子
がニュースで紹介されていました

先生は生徒達に、とるべき行動について
いくつかの注意点を伝えていました
その中の一つは…

「人に物を貸してはいけませーん」

感染すれば死にも至りかねないウイルス
注意を怠ることができないのは間違いは
ありません

しかし、人間が人間らしくあることに
躊躇しなければいけない社会の何が幸せ
でしょうか

厚生労働省は「新しい生活様式」という
実践例を提示しました この「新しい」は
これからずっと普遍的であるという意味
なのでしょうか

いままでの「当たり前」はもう「旧式」
であって、後戻りできないのでしょうか
非常識?

正面での会話は憚れて
買い物は「一人で行く」ことが推奨され
多人数での会食は避けなければいけない

この「新しい生活様式」の公式文書の
どこにも期限は示されていません
マスクを外してもいい日はいつくるの…
もしかしたら永遠に来ないの…

顔や表情が見えずに
人はどうやって相手を信頼し、
どうやって恋が芽生えるのでしょうか

決して感染症をあまく見ているつもりは
ありません 今はまだ我慢の時であるこ
とも知っているつもりです

ただ感染症を抑え込む過程の中で誤った
導きだけはしてほしくないと思います

冒頭の先生の言葉は
優しい気持ちで人に物を貸してあげる、
という価値観をいとも簡単に崩壊させて
しまいました

ウイルスが付着しているものを貸しては
いけないのであって、付着してなければ
貸してあげるのが当たり前です

そういう時は先生に相談してね
先生が除菌してから貸してあげてね、と
言えばいいことだと思います
貸してあげたいという気持ちが初めから
否定されることはあってはなりません

「新しい生活様式」についても項目ごとに
何らかの期限を示して提示することで人に
目標を与え、頑張る気持ちを醸成できる
前向きなツールに変えることができるのだ
と思います 今は悲観的にしか読めません

手洗の習慣は未来永劫続けていけばいい、
でも将来マスクをしていない人がそのこと
で白い目でみられる社会は違うと思います

いつか国のリーダーが、かつて福島の野菜
を食べてみせたように、マスクをゴミ箱に
投げ捨てるパフォーマンスも必要なのかな
と思ったりもします

人が人を疑心暗鬼に見ることが推奨される
事例集を無期限で提示することが人の心と
身体の健康につながるとは到底思えません

いつかきっと、楽しく笑いあえる
「旧式」の社会が戻ってきますように!!

期待をこめて…


*「先生」の発言につきましてはあくまで
TV上に切り取られた場面だけを元にして
おりますので、その前後に詳しい説明等が
あったかもしれません

2020/05/22(金) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

花に添えられた言葉

つい先日、旧知のご利用者様が
ご自宅の庭の花を押し花にしたという
カレンダーを送り届けてくださいました

花カレンダー

普段から、いらっしゃる時はよく生花や
ミニ観葉植物などを持ってきてくださる
とてもおしゃれな素敵な方です

今回、添えられていたお手紙には…

+++++++++++++++++++
カウンターに置いて眺めたり、笑ったり
してください 生花を持っていけないので
押し花を 良い6月が早く来ますように
+++++++++++++++++++

と、書いてくださっていました

「笑ったりしてください」かー
とても心に染み入る言葉だなと思います
ここのところ心から笑えるような場面は
なかったように思います

逆に心折れそうなことはいくつもあります
経営のこと、親族が亡くなったこと、気持
ちを伝えてもレスポンスさえ貰えないこと
とか…

あらためて
人の言葉のもつ力を感じています

この国に、世界に
良い6月が来ることを!
祈りながら待ちたいと思います

2020/05/06(水) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

救われる気持ち

先日、レジ待ちをしていた時のこと
ひとり前のおっさんが(私もおっさん)
チラチラと私の方を振り返る行為を
数回繰り返したのち言い放ちました

そんなに近づかないでください

結構威圧感のある上から口調で…

確かに
ソーシャルディスタンスと呼ばれる
2mを空けていたかと言えば違います
でも一定の距離はあったと思うけど

しかも私はお店が床に示した立ち位置
のテープよりむしろ少し後ろに立って
いて、つまりおっさんの感じた距離の
近さは自分が自分の立ち位置より随分
手前で立ち止まっていたために起きた
現象でした

この時、私は不思議に感情は落ち着いて
いて、そうかいま世の中ではこんなこと
が起こるんだと、ちょっと社会科見学を
したような妙に冷静な気持でした

あーそうですか、でも
私は自分の立ち位置に立ってますけど
と、床を示しながら言うとおっさんは
床をキョロキョロと見渡してはじめて
自分がいるべき立ち位置に気づいたよ
うで、黙って前に詰めていきました

コロナウイルスは体だけではなく
感染者ではなくても、確実に人々の心を
蝕みはじめています

私も確かに夜はあまり眠れないし
(これは元々そういう質なのですが)
たぶんしないと思うけど、急に叫びたい
気持ちの自分に気づく時があります
ウチのスタッフの一人は実際に自分の
部屋で叫んでいるそうです (+_+)

これを書いていて
いま来られた会員様、ノマドクロスの
初期から利用していただいている方で、
そういう長いおつきあいの方のお顔を
拝見するとホッと心が落ち着きます
その方も、ここに来ると落ち着きます
と、おっしゃってくれます

こんな何気ない会話に気持ちが救われ
ているようです

2020/04/21(火) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

垣間見た現実

いつまでも現在のような状況が続き
かつその間に何も手を打たなければ
弊社もいつかは限界がやってきます

先日、緊急対策の融資窓口に話を聞
きにいきました

いまいろんな融資制度のメニューが
提示されている中でやはりその内容
に違いはあります

できればこの条件で借りたい…
誰でも、少しでも有利な制度で借り
たいのは当たり前です

その窓口での融資も今回特別に付加
された支援策が盛り込まれています

でも、条件付きではあるものの他に
さらに踏み込んだ支援策が受けられ
る制度が別にあることも事実です
にもかかわらず…

同じ会場の申請のフロアに目を転じ
ると多くの人たちが書類を整えて
提出されいます

私は相談員の方に尋ねました
正直ここより条件のいい制度がある
のに、こんなにたくさんの方がいる
ことに驚いたのですが、と

その答えは、こうでした

今ここに来ていらっしゃる方の多く
は少しの条件の違いよりも借りられ
るところはいくつでも借りたいと
思って来ておられるのです、と

これが現実です

2020/04/19(日) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

全員が当事者

現代では、(日本)国民全員が
当事者になる出来事はなかなか
ないことだと思います

かつて軍国主義の時代では
国が始めた戦争は明らかに全員
当事者にならざるを得なかった

反面、大きな出来事であっても
震災など甚大な被害は、その
二次的な影響として経済や生活
において不利益や不自由を強い
られるものの、当事者として
認識されるのはやはりその地域
に住まわれている直接的な被害
を受けた方々なのだと思います

さて
このたびの新型コロナウイルス
これは明らかに国民全員が
当事者となった、現代あるいは
民主主義の世では稀有な出来事
なのだと思います

強制的ではないにしろ
行動を制限され、
マナーを監視され、なんらかの
経済的なダメージを受ける

私もちっぽけではあるものの
一つの会社の経営者であって
空席のデスクの多さに吐息をつき
日々の売上をみながら、それでも
月末の支払いを無事終える責任が
あります

ノマドクロスがクラスターに
ならぬよう環境の整備をしなけ
ればなりません 経営の責任者
として行動しなければなりません

いろんなイベントや式を主催する
人もしかりでしょう ここで日頃
からの危機管理能力が試されます

自分のその能力と責任を検証し
自己を高める機会でもあるかも
しれません

2020/03/27(金) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

 |  ホーム  |  »