FC2ブログ

春の数分間

受験シーズンが終わりを迎えるころ
例年、その結果を報告に来てくださる方が
いらっしゃいます

ノマドクロスは会員規約を18歳以上と
しているため、受験生そのものは
それほど多くはありません さらには
その大半が浪人生ということになります

貴重な一年を過ごすにあたって、ここ
ノマドクロスを選択していただけたことは
とても重い決断をしてくださっていると
感謝しています

4月から東京の大学に行くことになったと
知らせにきてくれた女性は東京からお菓子
まで買ってきてくれました

ただその大学は
第一志望の学校ではありませんでした
それでも感謝の気持ちを伝えに来てくれた
その勇気ややさしさに心をうたれました

後日、いただき物に返礼をしなきゃ、と
お菓子を買ったはいいもののどうやって
渡そうかと考えあぐねていたところ...

彼女の弟さんも会員様で過去何度か一緒に
姉弟仲良く勉強をしに来てくれていて、
過日その弟さんが一人でここに勉強に来て
くれました

その日の帰り際、
「お姉さんもう東京に行っちゃった?」と
尋ねると今朝見送ってきましたとのこと

あー、残念!
でも荷物を送ったり、入学式にご家族が
出席されたりと何かの機会に渡せないかと
手間をかけることを詫びながら持って
帰ってもらいました

「渡せてよかった!」と、これでこの話は
終わりだと思っていました

ところが4月1日、彼女から
今度は弟さんに託したお菓子のお礼の電話
がかかってきました

結果の報告に来てくれただけでも感謝で、
それ以上のお礼など思ってもないし、
正直そんなに沢山のお菓子でもなくて…

なのにおそらく入学式の当日か、数日後に
控えている忙しいタイミングに東京から
かけてきてくれた電話に、少し体が熱く
なるのを感じました

受験を終えて、遊びにも行ったかな…
引っ越しから入学の手続き、そしてきっと
新しい住まいから学校までの道のりを
たどってみたりもして 時間に追われたり
不安や心細さもあるなかで、

数分間、私に割いてくれた貴重な時間
その時間こそ最大のプレゼントを貰えた
ように思います

若いのに、すごいなー
いい歳なのに人間力、全然かないません

嬉しくもあり、人に感謝しながら生きて
いくことの大切さをあらためて感じた、
春のあたたかい数分間の出来事でした

2019/04/06(土) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://machinakadesk.blog.fc2.com/tb.php/186-589141da
 |  ホーム  |