FC2ブログ

組織の経験

私はいま
小さな株式会社の代表取締役です
正規社員は私一人です

こんな私もかつては
一流企業と言えるかどうかそこの
評価は分かれるかもしれませんが
グループ売上高4兆円
2万人を超える社員をかかえる
間違いなく大企業の一員でした

目の高さほどのパーテーションの
向こうで働く者の名前も知らない
顔すら覚えようとも思わない

日々自分の周りで起こる出来事に
右往左往し、頭の中はその世界で
埋め尽くされ、いつもおおごとを
抱えているような気分でした

膨大な組織に怯えていました

そのくせ
仕事が分かっているようなフリをし
サラリーマンを代表するかのように
その悲哀を背に漂わせてもいました

一つのことを実行するのに
いくつもの印鑑が必要だし、
お伺いをたてる必要がありました
なにしろ面倒で時間がかかる

いまはなんでも自分で決められます
逆に言えばなんでも一人で決めなけ
ればならないのですが、

いまだに
当時の癖は抜けていないようで
一度たてた計画やアイデアは何度も
反芻しなければ実行に移せません
自分の中にいくつかの組織をもって
いるようです

上司に稟議を上げるように、或いは
経理に予算の確認をとるように…
自分の頭の中だけで組織を通過させ
その中で計画がよりよいものへと
醸成されていく

怯えながら過ごした組織の経験も
まんざら無駄ではなかったようです
むしろありがたく思っていますし
会社にはいまも感謝しています

いまやスタートアップ全盛
いろんな形のスタートがあっていい
と思いますが、組織(少なくとも
数百人規模の)を経験してからの
スタートも決して回り道ではないし
きっと将来の糧になるのではないか
と思っています

2019/02/02(土) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://machinakadesk.blog.fc2.com/tb.php/176-2dec28f3
 |  ホーム  |