スマホを忘れた日

家を出て
最寄りの駅に着いた

いつものルーティンでは
ここでヘッドフォンを取り出し
何かしらの音楽アプリを選択する

バッグの所定のポケットに
手を突っ込む・・・
しかし今日は
いつもの感触がない

もう一度確かめる
が、ない

家までの往復が
できない時間でもなかったが
今日はなぜか気前よく
あきらめたい気分だった
暑さのせい??

スマホの機能は
通信手段としてのそれと
情報を取得するツールとしての
大きく2つだろう

前職の時代は
あきらかに前者だ
基本BtoBの仕事だったし、
外に出ることも
かかわる人の数も多かった

今はBtoCが主体で
BtoBのお取引先からも直接
私に電話やメールが入ることは
あまりない

とは言え、だ

一日手にしなかったスマホに
それなりの着信や
そこそこ返信が必要な
メールのいくつかは
入っているだろうと
それはまあ、心配はするわけだ

いい大人なんだし
社会人だし
肩書はそれでも
代表取締役だ

帰宅して一番に確認する

ふむ、ふむ
SNSやメールにも電話にも
着信の数が記録されている

よし、よし

ひとつひとつ
確認をすすめる

必要なし→削除
読んだ、OK→削除
必要なし→削除 を
繰り返す

なんと残ったのは
たった一つ

急ぎの要件がなかったと
安堵するのと同時に

夏にもかかわらず
木枯らしのヒューという
音が聞こえたような気がした

しかし
その1本の電話は

大学を卒業し
新入社員の初任地で出会った
先輩からの着信だった

右も左も分からない
一年生に付き合ってくれた

5年ぶりだろうか
折り返した懐かしい電話の声に
どんなにたくさんの
着信よりも数倍心が震えた

ありがとう!先輩

2017/07/20(木) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://machinakadesk.blog.fc2.com/tb.php/147-ca083ec8
 |  ホーム  |