そのまんまと開発のはざま

先日、妻の実家に行きました

県庁所在地のある
その駅におりたのは6年ぶりでした

ノマドクロスをオープンしてから
まとまった時間をとることができず
無沙汰を続けていたことを恥じながら

参院選挙区の見直しで
合区となったその県は
スターバックスが
日本で唯一存在しない県としても
一時期話題を呼びました

現職の知事がそのことを
ダジャレにしたところ
「スタバ」にかけられたその名をもつ
喫茶店はいまも行列ができます

徹底した自虐を貫く
そのマーケティングは
少し笑えるし、経営の手法として
ひとつのヒントにもなります
ご興味のある方は↓↓↓

しかし
スターバックスは出来たものの
街の景観は6年ぶりでも
ほとんど変わりがありませんでした

これを
地方が抱える高齢化や
経済の地盤沈下みたいな言葉で
ひとまとめにするのは簡単ですが

昼を食べた和の小さなお店は
素材をいかした料理と
落ち着いた雰囲気が素敵だったし

郊外にある養鶏場が経営する
パンケーキのおいしいお店は
恵比寿や表参道で行列を
つくらなくても大丈夫なほど
心地いいスポットでした

福岡に戻り
博多駅で新幹線をおりれば
ここは確かに大きな都市だなと
瞬時に感じます

天神ではビルの建て替えを推進する
プロジェクトが動いています

昭和から続く古いビルは
確かに耐震面での問題もあるので
しょうが、相次いで姿を消します

そこにあった
天ぷら屋やとんかつ屋、喫茶店も
なくなりました(移転もありますが)

いままでより背が高く
ガラス張りのキラキラした外観の
ビルが建つのだとか

このビルが目指すのは
・ワークライフバランス
・クリエイティブなグローバルトップ企業
(の誘致)だそうです

9割カナ文字のこのコンセプトに
ノマドクロスの周辺もまた
変わっていくのだなと感じます

あっ!自分のとこもカタカナばっか(^-^;

6年ぶりの街で感じた
変わらない街の素晴らしさも大切!

どうか
福岡、天神らしさを失わない開発で
あってほしいものです

2017/06/12(月) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://machinakadesk.blog.fc2.com/tb.php/144-7a98fb56
 |  ホーム  |