FC2ブログ

記憶

理化学研究所が

アルツハイマー病の記憶を復元すること(実験)に成功したそうだ

病気の治療に道筋ができたことは大変すばらしいことである

ただ、このことが病気に限ったことなのか

普段、大きな穴のザルをこぼれ落ちるかのように消滅する

日々の物忘れにも効果があるものなのか、詳細は分からないが


今回の研究成果にかかわらず、

今後の科学、医療の進化によって、後者のような

記憶の復元が実現することには一定の倫理観が必要に思う


記憶にはいい意味で忘れてしまったほうがよいものもある

いつまでも引きずっていては前にすすめない自己嫌悪

諍いや、言葉のすれ違いで起こった人間関係の不和 など

もちろん中には忘れてはいけない、一生背負っていくべき

事柄もあるのだろうが

ただ、すべて記憶に残っていれば、それは重すぎるし

世の中すべての人が

暗い顔をして街をあるかなければならない

「人」というものが創造されたとき

記憶の許容量に一定の嵩が決められたのだと思う

個人差はあるにせよ

それを科学の力で嵩上げするのには

議論が必要だと思うのである


とはいえ、最近の自分の物忘れには驚かされる

机はもちろんスマホのケースにまで

備忘用のポストイットは日々増え続けている




2016/03/17(木) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://machinakadesk.blog.fc2.com/tb.php/122-8bfbaa51
 |  ホーム  |