FC2ブログ

その時のこと

阪神淡路大震災

当時
私は会社員で東京本社で勤務をしていた

全国に事業所をもつ会社だったので
翌日から手薄になった事業所へ応援に出た

そして10日と少しを過ぎたころ
神戸の中心部へも入ることになった

新幹線で大阪まで行き
JR福知山線三田から
神戸電鉄と
北神急行を経由して市内にたどり着いた

電車が駅に着く
込み合う車内
乗り込もうとする人との間で諍いがおこる
大きな声が飛び交う

TVでは人々の助け合い
ボランティアの人たちの献身的な活動が
連日映し出されていたが
そこで生活する人たちの日々は
あたりまえだが、もっと切実だった

一転、神戸の市内では
いつもなら多くの人が行きかっているだろう街に

人影はまばらで、非現実を描いた
静止画像を見ているようだった

ただ重機のア-ムが上下する動きと音だけが
これが現実であることを認識させていた

ガラスが飛び散った館内でヘルメットと手袋をして
数日間、任務をおこなった

帰路は臨時便だったように記憶するが
神戸からフェリ-で大阪に入り、東京へ戻る

人がごった返し日常に戻った東京の風景は
神戸よりよほど非現実的であるかのような
錯覚に陥った

直接、被災者の方々の
お世話をしたわけではなかった、ただ

流通業である会社がいち早く機能を回復し
商品をお届けできるようになることで

復興のお役にたてれば、との思いは
現地に入ってあらためて強く感じたことだった

神戸を生地(せいち)とするCEOが

気迫に満ちた強い使命感をもって
現地で直接指揮をとった企業の一員だったことは

今も誇りに思っている




2016/01/18(月) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

«  |  ホーム  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://machinakadesk.blog.fc2.com/tb.php/120-460cd42d
 |  ホーム  |