情報

会社を経営するようになって
国の補助金なるものを
はじめていただきました

正確には
まだ振り込まれていないので
交付の「決定通知書」をいただいた
ということになります

個人的には
地デジのテレビを買ったときに
エコポイント(だったかな)を貰って
商品券やらと交換できたことがあった
ような気がします

当時は
あーだ、こーだと考えて買ったのに
今は その ありがたみもすっかり
忘れてしまっています

では今回はなんの補助なのかというと
POSレジの購入費用に対する補助金です

消費税が10%に引き上げられたとき
一部の商品に軽減税率が適用されると
複数の税率に対応するレジが必要に
なってくるわけです

ノマドクロス-天神では
一部のドリンク(食品)を有料で販売
しているので、今回の補助金の対象と
なったわけです

地デジの時は
国はもちろん
家電業界もこぞってエコポイント制度を
宣伝していたので日本中だれもがその
情報を知っていたわけです

というか
教えてくれていたのですね

ファイル 2017-05-16 9 51 00

今回この情報を知ったのは

いままでレジ用に使っていた
(写真奥の)PCに不具合があって
買い換えようかと考えたときに

POSレジシステムがWindows7
までしか対応していないことが判明

つまりWindowsを更新すると
レジシステムも変えなければならない
ということ

そんなことで右往左往している内に
今回の補助金があることを知るに
至ったわけです

PCとシステムのセットで契約したので
PCもシステムも周辺機器もすべてが
新しくなって

その2/3が補助金として返ってくる
ことになりました

ただ申請から3ケ月半ほど・・・
本当に申請が通るのか
いくらかの心配はありましたが

情報のアンテナは
常に張っておかなければならない

自分に必要な情報は
自分から取りにいかなければならない
ということですね

そしてこの私のブログを
たまたま読んだあなたが
もしレジを使う事業を
されている方だったら

情報を取りにきた、ことに
価値が生まれたわけです^^

*適用には資本金の額などの
いくつかの条件があります

2017/05/16(火) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

引越し

春は引越しのシーズンですね

私はサラリーマン時代に
12回の引越しをしました

いろんな街に住み
たくさんの人と出会える
結構、前向きとらえていました

その反面

子供の成長過程では
長男は小学校を3回転校する
ことにもなりました

本人は、あまり記憶にないと
気にしていないようですが
つまりそれは
思い出がないことと同意なの
かもしれません

引っ越しに慣れっこになって
準備もそこそこに迎えた当日の朝

同じマンションの方、お二人が
手伝いに来てくれたピンポーンで
目を覚まし、叱咤されながら
慌ただしく出発したことも
ありました

慣れは怖いですね

「商い」もそうです

店舗の物理的な劣化も含め
経営する人間の心の慣れは
前進を妨げる
革新を止める

6年目に入ったノマドクロス
小さなことの積み重ねも
継続すれば大きな変化になる

そんなふうに今後のことを
考えています

2017/04/10(月) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

年号が変わる

平成が30年で終わるのだという

天皇陛下のお気持ちを受けてのこと

このことに個人的に異論はございません

ただ年号が当然に変わることとなる

これには少し抵抗がある

昭和が二世代前の年号になってしまう

これは、いやだ

いまなら「大正」と同じ感覚だ

そういう意味では

平成生まれの方々もわずか

30年で一世代になってしまうことに

抵抗を感じる人もいるのではないか

と思う

昭和を古く感じさせないいい方法は

ないものだろうか

例えば同じ読みで

「生和」なんてすれば

日本が昭和の元気を取り戻せそうな

気がするし

「昭和」生まれと「生和」生まれの人に

連帯感が生まれ

「生和」生まれの人が

「昭和」生まれの年金を支えるのに

抵抗感がなくなる、、、なんて

効果があるような気もする

2017/01/19(木) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

計画することの喜び

ビジネスでも
プライベートでも

「計画する」という行為、段階があって

はじめて、その結果に対する
「喜び」が生まれるのだと思う


商談にどう臨むか
旅行の行程をどう組むか

理想的な結果を想像しながら

一番充実した時間を過ごしているのである

この段階をすっ飛ばすと、意外に
楽しくないんだな思う出来事があった


この度、新車を契約した

車を買うって、
結構嬉しいことであるはず

次の車検のタイミングで買い換えようか
なんて、数年まえから計画をたてる

当然その資金も計画するのである

その時々の家族構成やライフスタイルに
合わせて、車種を選ぶ

あーでもない
こーでもない、と考える
楽しい時間である

ところが今回は
この過程をまったく経ることなく
否応なしに

しかも
限られた時間の中で
決断せざるを得なかった


先日、妻がスーパーの駐車場に
車を停めていたところ

最近よくある
高齢者のペダルの踏み間違いで
思いっきりぶつけられた

二度と乗れないことに (>_<)
我が家のほかに3台も被害にあった

で、10対0の事故であっても

その補償は決して
満足できるものではない

保険金やら
期限やら
いろいろな制限の中で

大急ぎで次の車を
決める羽目になった

新車を買うまでの
あのワクワク感をまったく
経ることなく

むしろ急な出費に
ため息をつきながら、である


ここノマドクロスの設立計画を
たてている時のことを思い出した

周囲からの強い反対はあったものの
場所の選定や
レイアウトの設計
家具選び、などなど

それは理想にむけて
ワクワク、ドキドキする時間である
そして出来上がったものに
愛着を感じるものである

まあ、今回こんなことで
突然我が家に来ることになった
新車くん

経緯はさておき
可愛がってあげなくては

と、思っている

2016/06/18(土) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

記憶

理化学研究所が

アルツハイマー病の記憶を復元すること(実験)に成功したそうだ

病気の治療に道筋ができたことは大変すばらしいことである

ただ、このことが病気に限ったことなのか

普段、大きな穴のザルをこぼれ落ちるかのように消滅する

日々の物忘れにも効果があるものなのか、詳細は分からないが


今回の研究成果にかかわらず、

今後の科学、医療の進化によって、後者のような

記憶の復元が実現することには一定の倫理観が必要に思う


記憶にはいい意味で忘れてしまったほうがよいものもある

いつまでも引きずっていては前にすすめない自己嫌悪

諍いや、言葉のすれ違いで起こった人間関係の不和 など

もちろん中には忘れてはいけない、一生背負っていくべき

事柄もあるのだろうが

ただ、すべて記憶に残っていれば、それは重すぎるし

世の中すべての人が

暗い顔をして街をあるかなければならない

「人」というものが創造されたとき

記憶の許容量に一定の嵩が決められたのだと思う

個人差はあるにせよ

それを科学の力で嵩上げするのには

議論が必要だと思うのである


とはいえ、最近の自分の物忘れには驚かされる

机はもちろんスマホのケースにまで

備忘用のポストイットは日々増え続けている




2016/03/17(木) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

 |  ホーム  |  »