スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック:(-) | コメント:(-)

オフィス開設

いままで
株式会社チェックボックスは
ノマドクロスのバックヤードを
事務スペースとして兼用していました

6年も経過すると
財務諸表をはじめとして
いろんな物が増えました

そしてやはりこれからのことを
考えるにしても現場との兼務という
環境には限界を感じてきました

天神5丁目
ノマドクロスから徒歩5分ちょっと
ちっちゃなスペースです

当面、皆様との渉外機能として
使用することは考えておりませんが
事業の今後に刺激を与えられるような
発信拠点としていきたいと思っています

名前は
(back office)+(checkbox)で
backbox と名づけました

明日より開設いたします
スポンサーサイト

2018/05/11(金) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

絶対的な力とは

Amazonジャパンが「協力金」
という名目で食品や日用品メーカーに
対して販売額の1~5%を支払うよう
求めたといいます

取引先はその企業規模や
Amazonジャパンによる
売上依存度によって対応を検討する
ことになるのでしょう

しかし結論はおおよそ
見えているのではないでしょうか

いまAmazonの販路を
失うか、または縮小となることは
その企業にとって死活問題に
なりかねません

今後、流通の経路はますます
通販に移行してくるのは明らかで、
かつAmazonが既にその市場の
圧倒的な支配者だからです

かつて「ダイエー・松下戦争」という
対立抗争がありました
商品を安く販売しようとする小売業と
価格を維持し、自社の販売網でもある
町の電気屋さんを守ることを選択した
メーカーが、お互いの立場をかけた
信念のぶつかり合いです

ダイエーでは30年間、松下、現在の
パナソニックの商品は販売されません
でした

このことは1994年に和解しますが
その間、両社は互いに大きく企業規模を
成長させました

しかし今は時代が違います

世界はグローバル化し
高い技術力をもった商品でもすぐに
廉価品が登場しコモディティ化します

30年間もケンカしてる場合じゃない
ですよね

ただこのことは
小売業界、メーカー双方にとって
「共存」するための仕組みや技術を
作る大きな意義があったのだと思いますし
小売業とメーカーの力関係に大きな変化を
もたらしました

原材料の調達から製造や物流、販売に
かかわるコストを大幅に削減するなどの
努力を重ねることを日本の企業が取り組む
きっかけを作ったことは間違いないと
思います

そして、その過程では町の電気屋さんは
ほぼ消滅しました

さて、Amazonのお取引先はどうするか

各企業の経営陣がその判断を下すという
難しいお仕事をしなければなりません
それが正しかったのか…
結果は数年後に明らかになるのでしょう

経営の醍醐味でもあり怖い局面ですね
他人事ではありません(^-^;

2018/03/02(金) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

一年は早いと感じること

ノマドクロス-天神は
2月14日をオープン日としたため周年が
毎年バレンタインデーと被ってしまいます

オープンの日にあえてバレンタインデーを
選んだわけではないのですが、
開業した年はその日がたまたま「大安」
だったことがこの結果を生みました

ということで
毎年誰の記憶にも残ってしまうこの
アニバーサリーにはお祝いいただくこと
になります

もちろん
お祝いを頂戴するのは大変嬉しいことです

が、なんだか姑息な手段のようで
少し後悔を覚える日でもあります

チョコレート業界が、その日を
毎年2月の第2金曜日、くらいに
変更してくれない限りこの状況は続きます
当日が休日の年は売上が落ちるらしいから
業界の方にはぜひ頑張ってほしいものです

それにしても
一年は早いと感じます
人生にいろんな節目が増えるとその度に
「一年」を感じる日も増えてきます

年齢を重ねるごとに早く感じてしまうのは
そのせいじゃないかと思います

子供のころ感じた一年は
誕生日と夏休みと正月くらいだったように
思います

大人になると
なんちゃら記念日だの
なんちゃらの思い出の日だの
そして誰かが亡くなった日、、、だの
だんだん増えてきます

おまけに季節の変わり目を体調の変化で
敏感に感じたりもして忙しい
子供の頃はへっちゃらだった

その度に一年を感じてれば
そりゃ早くなるわけだ、大人は損ですね

この2月14日は
過去の思い出の記念日とならぬよう
毎年、ここノマドクロスの中でおだやかな
気持ちで迎えられるよう続けていきたいと
思っています

7周年に向けて・・・この一年も
なにとぞよろしくお願い申し上げます

2018/02/15(木) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

いいじゃないですか、本人が決めたんだから

小室哲哉さんが引退
一時代を席捲した偉大なアーチストです

多くの人が
その音楽とパフォーマンスの世界に
魅了されました
(私はその中には含まれませんが)

そんな人が
引退となれば確かに残念(でしょう)

でも今回(私が見た幾つかの)
テレビのワイドショー的な番組の
コメンテーター的な人たちの論調は

「文春はやりすぎだ」
「もういい加減にしないと」
という意見がほぼ主流を占め
世間もそう言ってるぞ!とばかりに
街角アンケートを集計してみせました

よって
「小室さんはやめる必要はない」
のだそうです

いいじゃないですか、
本人が決めたんだから
それを尊重しましょうよ、と言いたい
まったくおせっかいです

ゲスさんの時と何が違うのでしょう

■お相手が芸能人じゃなくあまり
うらやましくないし

■ゲスさんの時は文春砲第一弾だったんで
おもしろかったけど、その後たくさん
同じような出来事があったんで
もう飽きちゃったんだよねー

■それに何だかんだまだゲスさんより
小室さんのほうが大物だしね
ちょっとそっち寄りにしといたほうが
いいんじゃね的な

■そうそうゲスさんは公に出てこなかった
けど小室さんはすぐ会見を開いたじゃん

まあこんなくらいの話でしょうか

でもゲスさんも小室さんも
やったこと自体には
あまり違いはないですよね

ゲスさんの時は
新事実を暴かんとばかりに各社が
二人の足跡を追いかけ取材合戦を
繰り広げました

なんで急にこの手のことに
寛容になったんやろ、と思います
個人的にはどっちでもいいのですが
どっちかにしようよ、って思います
コメンテーター的な人たちが
一斉に右に行ったり、左に行ったり
みたいな現象が気持ち悪い

それだったら一貫している文春の方が
よっぽど分かりやすくていいと思います

公平性を保つなら
テレビはゲスさんに対して
「すみませんでした、よく考えたら
やっぱ文春のほうが悪かったです」
と謝罪すべき、べき??
そうベッキーさんにも謝るべっきー
だと思うんですよね

こんなテレビが政治の分野では
格差是正を急げ!
正規、非正規の壁を取り除け!と
庶民の不公平感を代弁するフリをします
まったく一貫性がないぞ!

かつて、どこかの局は
文春の編集部に密着取材までして
他の週刊誌との違いを称賛してたやん

小室さんも今年還暦なんだし
奥さんのことも
過去の詐欺事件のことも含めて
少々お疲れで潮時だと感じたんじゃ
ないですかね

こんなご都合主義なテレビは
それこそ「もういい加減にしないと」
だと思います

たまにはいいか、こんな話題も

2018/01/24(水) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

古(いにしえ)

ご創建は約1600年前とのこと

我が家から
車で30分ほどもかからぬところに
宮地嶽神社がある

その歴史や知名度からしても
御利益がありそうである

しかしお参りするのは
記憶にかすかに残るだけで
ちょっとやそこらのご無沙汰では
ないようである

最近は
嵐のCMや
そういえば昨日から
お兄さんが急に有名になっちゃった
女優(モデル)さんが主演をつとめた
映画がまもなく公開されることでも
注目を集めているスポットだ

とはいえ本殿までは
そこそこの急な階段を上ることが
求められるのでそんな話は
頭の中からすっかり抜け落ちたころ
ようやくたどり着くこととなる

で、人間の習性として
それなりの階段を上り詰めると
自分をほめてあげようとするのか
いま上ってきた成果を確かめるため
必ず後ろを振り返る



光の道 
海まで続くまっすぐな道
「光の道」と呼ばれる景観

光が走るのは年2回なのでこの日は
もちろん見ることは出来ないが
それでもこの光景は胸がすく思いである

新年にいいものを拝ませてもらった
古の人々の息遣いが聞こえるようであった

今年もいい年でありますように!


2018/01/16(火) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

 |  ホーム  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。