FC2ブログ

オフィスは必要なのか、じゃないのか

福岡市はビルの建て替えが
「点」ではなく「面」で進んでいます
さらに言えば「3D」的にも拡大中です

その最中に発生したコロナ感染
さぞや関係者は青ざめているだろうと想像
していると、どうやら違うようです

民間のある業界関係者は
コロナを経験し「オフィスはこれから地方
への分散化が始まるので福岡の需要は見込
める」のだそうです

旗振り役の市長はコロナに対応すべく現在
進行中の再開発事業の要件(容積率)を
さらに緩和し、期間も2年間延長するとい
うことです そして福岡市は世界最速で
「感染症対応シティ」になるのだそうです
一つに、人の間隔をとるためにさらに広い
面積が必要になってくる、と想定している
のだとか

すんごい前向きな発想ですね
リスクヘッジを優先に考える小心者の私に
は到底発想できない想定です

在宅勤務や業務の見直しでオフィスの縮小
を実施する企業がある一方、ソフトバンク
グループのように最新の大型ビルに転居
する企業もあり、その方向性は一つでは
ありません

ただ、これからの日本
人口は30年後に3,000万人減って1億人を
割り込みます

3,000万人は東京が2つ無くなるのに匹敵
します 政令指定都市の合計2,800万人に
も相当する人数です
誰もいない東京、静まり返った都市…
映画の世界にいるような光景が浮かびます

年齢を重ねる速さが年々早く感じられる
今日この頃、30年先なんてすぐにやって
来そうな気がしませんか?

生産年齢人口の減少に加え、いろんな分野
でIT化、AI化が進行します 人の手による
「労働」はますます減ってくるでしょう

そんな時代に向かっている日本に
巨大な器は必要なのか…
その答えは10年後あたりに見え始めてくる
のでしょうか

しかし
そんな将来においてもこの福岡が一般市民
と中小企業に優しい街として存在していて
ほしいと強く望みます

ところでよく考えてみると
私は宗像市民なので税金を納めてもなけれ
ば市長の選挙権もありませでした(+_+)

あ、法人の市民税と消費税は納めてるか!

2020/09/12(土) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

恒例の決算ご報告

残り数日で株式会社チェックボックスの
第9期も終了します 今期を振り返る上
で避けて通れないのはやはりコロナウイ
ルスのこと

しかもまだ現在進行形であって
これから先どれだけ付きあえばいいのか
さえ不明な厄介な存在です

昨年の同じ時期に書いたこのブログに
来期、すなわち第9期についてこんな
ことを記しています

「来期については収益に対して大きな
影響を与える変化が起こることがすで
に分かっています」

まるでコロナウイルスの発生を予言して
いたかのようでもありますが…

もちろん
別な話なのですが少し種明かしをすると
この時に分かっていた「変化」とはここ
ノマドクロスが入居するビルの家賃が
入居当初の倍に値上げになるという暴挙
いや、、条件変更を仰せつかったのです
大家さん、見てませんよね (^^;

これは経営的に結構なインパクトのある
ことでこれをどう乗り切るかというのが
いわば今期の課題だったわけです
ところがそれに加えもっと大きなインパ
クト、コロナウイルスが発生しました
もはや経営の醍醐味を超えています

福岡に球団を持つ企業のオーナーさんの
スケールならば米粒のような話しかも
れませんが中小企業のCEO(笑)から
れば、夜も眠れないレベルの大事件で
るわけです と、いうことを前提に…

毎年恒例で、この場で決算の優劣を報告
することを宣言しているのでやらなけれ
ばならないのですが、今期ほどこの宣言
をしておいてよかったと思える年はいま
までありませんでした

有言実行、という意味に近いかもしれま
せんが、この会社に株主は私一人なので
誰に黒字をお約束したわけではないし、
それによって迷惑をかける人もいないの
でどうでもいい話なのですがここに報告
する以上、やはり黒字で終えたいという
意識は芽生えるものです

自分へのモチベーションを高める効果は
間違いなくあると思います

そして今期は…
おかげさまで6期連続の黒字で決算を終
えることができます 決して内容は良く
ありませんが、それでも黒字です(^^;

緊急事態宣言後には、長いお付き合いの
会員様が復帰してくださったり、新規の
ご利用者の方にも足を運んでいただき
トンネルの先に少し明かりがチラチラと
見え始めている感はあります この事業
の底力や始めた時のコンセプトは間違い
なかったなと改めて思っています

その明かりが「工事中」なんて明かりで
はなく、本当にトンネルの出口であれば
いいのですが… それを確かめるのが、
節目のこの第10期となりそうです

来期も何卒宜しくお願い申し上げます

2020/06/25(木) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

近ごろのキーワード(リモートとエビデンス)

けっして
やる気にみなぎっていたわけでも
さほど真面目でもありませんでしたが
サラリーマン時代、何度か熱くなって
上司に歯向かったことがありました

そのひとつ…
一度とおした案件を、上司が前日に
なって覆そうとしたときのこと

課長の私が、ファイルを机に叩きつけ
部長にくってかかり、副部長が私を
羽交い絞めにして制止してくれました

今となっては恥ずかしくもあり懐かしく
もあります

冒頭のとおりのサラリーマンでしたが
ただこの瞬間、その仕事に真剣に向き
合い、関係する人たちへの責任も重く
感じていたのだと思います

これがリアルに向き合うってことで、
もしこれがリモートの世界だったら
こんなに真剣さが伝わるだろうかと
少し疑問に思うところがあります

相手の少し上気した顔色だったり
手の小刻みな震えだったり…

カメラでは写しきれない
肌色のかすかな変化や
フレームの外の出来事、ましてや
羽交い絞めされた時の人の温もり…

もちろん威嚇的になることを推奨して
いるわけではありませんが、この度の
コロナ対策によってリモートワークや
SNSでのコミュニケーションが推進さ
れる中で、ビジネスの世界では早くも
リアルを否定したり過去のものである
かのような論調がカッコよさげに語ら
れていたりするのを見聞きすると
ちょっと待って!と言いたくなります

「膝を突き合わせる」という諺の頁に
「腹蔵なくじっくり話し合う」、
「膝を突き合わせて談判する」などの
意味や例文がのっています

人間の本性として物理的な距離と
相手に本音を隠せたり、逆に相手の本音
を見とおせたりできる距離はきっと比例
している部分があるのだと思います

どちらかにフラッグが上げられるのでは
なく、双方の良さを取り入れることが
人間の英知なのだと思います

リモート推進派の方には「英知」を語る
くらいなら、とおした案件のエビデンス
くらいとっとけよ!とお叱りを受けそう
ですが…

2020/06/06(土) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

「新式」と「旧式」

先日、分散登校が始まった小学校の様子
がニュースで紹介されていました

先生は生徒達に、とるべき行動について
いくつかの注意点を伝えていました
その中の一つは…

「人に物を貸してはいけませーん」

感染すれば死にも至りかねないウイルス
注意を怠ることができないのは間違いは
ありません

しかし、人間が人間らしくあることに
躊躇しなければいけない社会の何が幸せ
でしょうか

厚生労働省は「新しい生活様式」という
実践例を提示しました この「新しい」は
これからずっと普遍的であるという意味
なのでしょうか

いままでの「当たり前」はもう「旧式」
であって、後戻りできないのでしょうか
非常識?

正面での会話は憚れて
買い物は「一人で行く」ことが推奨され
多人数での会食は避けなければいけない

この「新しい生活様式」の公式文書の
どこにも期限は示されていません
マスクを外してもいい日はいつくるの…
もしかしたら永遠に来ないの…

顔や表情が見えずに
人はどうやって相手を信頼し、
どうやって恋が芽生えるのでしょうか

決して感染症をあまく見ているつもりは
ありません 今はまだ我慢の時であるこ
とも知っているつもりです

ただ感染症を抑え込む過程の中で誤った
導きだけはしてほしくないと思います

冒頭の先生の言葉は
優しい気持ちで人に物を貸してあげる、
という価値観をいとも簡単に崩壊させて
しまいました

ウイルスが付着しているものを貸しては
いけないのであって、付着してなければ
貸してあげるのが当たり前です

そういう時は先生に相談してね
先生が除菌してから貸してあげてね、と
言えばいいことだと思います
貸してあげたいという気持ちが初めから
否定されることはあってはなりません

「新しい生活様式」についても項目ごとに
何らかの期限を示して提示することで人に
目標を与え、頑張る気持ちを醸成できる
前向きなツールに変えることができるのだ
と思います 今は悲観的にしか読めません

手洗の習慣は未来永劫続けていけばいい、
でも将来マスクをしていない人がそのこと
で白い目でみられる社会は違うと思います

いつか国のリーダーが、かつて福島の野菜
を食べてみせたように、マスクをゴミ箱に
投げ捨てるパフォーマンスも必要なのかな
と思ったりもします

人が人を疑心暗鬼に見ることが推奨される
事例集を無期限で提示することが人の心と
身体の健康につながるとは到底思えません

いつかきっと、楽しく笑いあえる
「旧式」の社会が戻ってきますように!!

期待をこめて…


*「先生」の発言につきましてはあくまで
TV上に切り取られた場面だけを元にして
おりますので、その前後に詳しい説明等が
あったかもしれません

2020/05/22(金) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

花に添えられた言葉

つい先日、旧知のご利用者様が
ご自宅の庭の花を押し花にしたという
カレンダーを送り届けてくださいました

花カレンダー

普段から、いらっしゃる時はよく生花や
ミニ観葉植物などを持ってきてくださる
とてもおしゃれな素敵な方です

今回、添えられていたお手紙には…

+++++++++++++++++++
カウンターに置いて眺めたり、笑ったり
してください 生花を持っていけないので
押し花を 良い6月が早く来ますように
+++++++++++++++++++

と、書いてくださっていました

「笑ったりしてください」かー
とても心に染み入る言葉だなと思います
ここのところ心から笑えるような場面は
なかったように思います

逆に心折れそうなことはいくつもあります
経営のこと、親族が亡くなったこと、気持
ちを伝えてもレスポンスさえ貰えないこと
とか…

あらためて
人の言葉のもつ力を感じています

この国に、世界に
良い6月が来ることを!
祈りながら待ちたいと思います

2020/05/06(水) | 未分類 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

 |  ホーム  |  »